こどもカンパニー しずく

保育理念・コンセプト

コンセプト

地域で遊ぶ、地域から学ぶ

保育園のまわりに広がる「まちや地域」は、生きた遊びと学びの資源、 たくさんのフシギに満ち溢れている「大きな遊び場であり学び場」です。 そこで出会う「ヒト・モノ・コト」に、ドキドキしたりワクワクしたり 「本物体験」を通して、子どもたちの“みらいのたね”を芽吹かせます。

まちや地域にある遊び&学びの資源

園のある「まち・地域」のすべてが、遊びと 学びのフィールドです。まち・地域ならでは の資源を最大限に保育に生かします。資源と はリアルな「ヒト・モノ・コト」。会うヒト、 見たモノ、起こったコト、リアルな社会体験 によって子どもたちの世界観を広げます。

自分で考えて本物を体験

毎日、子どもたちの中に生まれる「なぜ?」、 「どうして?」。好奇心いっぱいのフシギや ギモンは成長の原動力です。まち・地域には なぜ?どうして?のヒントが溢れています。 自分で考えて答え合わせする、まちでの本物 体験は他にはない「深い学び」となります。

こどもカンパニーの想い

  • 「子ども=未来」を育てる

    もっと見る

    「子ども=未来」を育てる

    誰とでも仲良くできる子、一人で過ごすのが好きな子、おしゃべり上手な子、集中するのが得意な子。それぞれ性格や個性は違ってもみんなキラキラ輝く“みらいのたね”という宝物を持っています。 無限の可能性を秘めた“みらいのたね”は育つスピードも違います。 芽を出し始めたたねもあれば、芽吹きのときを待っているたねも。 どのたねが将来、その子らしい花を咲かせるのか、わからなくてもいろいろなたねに水を与えて、たくましくのびやかに育った芽が、「自分らしい生き方」を手にするチカラになっていくと思います。 子どもたちは「未来」。子どもを育むことは、未来を育むことです。

  • 信頼される居場所づくり

    もっと見る

    信頼される居場所づくり

    一日のうち、子どもたちが長い時間を過ごす保育園は「第2のおうち」だと考えています。大切にしているのは「いつでも安心できて守られている場所」、「毎日行きたいと思えるたのしい場所」、そして、何より「自分を理解して認めてくれる場所」だと感じられる居場所づくり。 こどもカンパニーはお母さん、お父さんにとっても大切な居場所です。 子育てについて一緒に考え、なにげない会話を交わし、そばに寄り添い気持ちを共有できる身近な場所。ここに来るとホッとできる。一人ではないと思える。子どもの成長をみんなで喜べる。そんな笑顔いっぱいの「みんなが、たのしい、うれしい居場所」でありたいと思っています。

  • 大人がうれしいと、子どももうれしい

    もっと見る

    大人がうれしいと、子どももうれしい

    仕事との両立など、子育てに悩みを持つ保護者の方も多いと思います。 こどもカンパニーでも、子育て中の保育者がたくさん働いています。 子育てと仕事、どちらもとても大事で、どちらかをあきらめる必要はないと思います。子どもがたのしそうにしていると、大人はうれしくなります。逆もきっと同じです。大人が仕事や好きなことに打ち込み、充実している姿を見ることは、子どもたちにとってもうれしいはず。 そしてそのうれしい記憶は、その子が大人になっても心に残るはず。 大人のたのしい気持ちや充実感は、必ず、子どもの心に伝わります。 子どもたちの未来を輝かせるために、大人も今を輝かせましょう。

  • “自分ごと”から見える世界

    もっと見る

    “自分ごと”から見える世界

    何にでも興味・関心を持って、自主的に取り入れていくチカラ。 “自分ごと”の視点を持つことは、子どもにも大人にとっても多様化が進む現代において、とても大事なチカラになります。 遠くにあるものを、離れて眺めている間は、いつまで経ってもそれが何かわかりません。でも、近づいて見たり触ったりしてみると、それは素晴らしい宝物だったりするかもしれません。 興味を持ったことや気になることは、どんどん自分から近づいて手に取り、触ってみる。自分ごとで物事を見て、アクションを起こすことが「新たな世界の扉」を開く一歩になります。

  • みんながたのしく輝く保育園

    もっと見る

    みんながたのしく輝く保育園

    すべての人が「その人らしく輝ける保育園」をつくっていくためにその子、その人それぞれが持つ個性やアイデアを大切にしています。 子どもも大人も型にはまらず“自分の好きや得意なこと”を生かし自分自身の「たのしい!」やワクワクする気持ちが学びの原動力。 保育者は、子どもたちと過ごす時間にたのしさや喜びを感じます。 子どもたちは、生きた遊びと学びによりイキイキと笑顔が溢れます。 保護者の方は、子どもの笑顔を見て、安心して自らも活躍できます。 たのしく輝く「みんなの輪」が、こどもカンパニーに広がります。

絵本で読むこどもカンパニー

保育理念・保育方針

保育理念

本来、その子が持っている
自己肯定感(生きる源泉)を育み、
社会で生きていくチカラを養います

  1. 保育方針

    子ども理解を深めた
    養護と教育を通して、
    子どもの主体性を育みます

  2. 保育方針

    人との関わりや
    対話を通して、深い学びと
    豊かな心を培います

  3. 保育方針

    さまざまな経験を用意し、
    子どもたちの
    世界観を広げます